有機野菜や無農薬野菜の宅配会社の見極め方

無農薬野菜や有機野菜を宅配してくれる業者の見極め方については、JASの認定をしっかりと受けていることを確かめることが重要です。有機野菜の場合は、JAS規格に適合した栽培法を用いていなければ、有機農産物として認められることがなく、有機JASマークをつけて販売することもできません。
有機JASマークがついた野菜を販売している業者であれば、十分に信頼できます。無農薬野菜の場合は、残留農薬についての調査をしっかりと行っている業者であれば特に信頼できます。無農薬栽培と謳っていても、隣の畑から飛散してきた農薬がわずかに付着していることもありますから、残留農薬の検査を徹底することが求められます。
有機野菜に関しては、使っている肥料の情報を開示している業者を選びたいものです。有機野菜を作るためには、牛糞や落ち葉などを高温の熱で発酵させて作る完熟堆肥が必要になります。これは有機肥料とも呼ばれるもので、化学肥料がなくても野菜を栽培するために必要になるものです。未熟な堆肥を使っている場合は、病原菌が土壌に残ってしまうことがあるため、有機肥料は完全に完熟させることが重要です。未熟な堆肥を使って栽培した野菜であれば、生で食べるには安全性に問題があります。

 

有機野菜,無農薬野菜,宅配,見極め