生活クラブの野菜について

生活クラブでは、安全対策として疑わしいものは使わない、情報を公開することと掲げています。
これは、生産者と一緒に作り上げているシステムで、生活クラブでは独自に記事しい基準を設けていて、それに基づいて消費材を生産し、その内容を管理、監査する自主管理、監査制度を取り入れています。組合員が現地へ行って点検していて、問題点の点検以外にも生産者との相互理解を深めていくことが可能になっています。
また、生活クラブの野菜は無農薬もありますが、主に減農薬野菜です。
残留農薬は、国の基準の10分の1以下を目標とし、土づくりから工夫をしてできるだけ農薬を使わない「減農薬栽培」に取り組んでいます。
2008年の時点では、生活クラブで提携している青果の産地は88あります。
提携産地では「生活クラブ青果の会」を作っています。
この会では、要改善農薬の削減に挑戦していて環境ホルモンや発がん性やダイオキシンの危険性の疑いのある農薬を削減するための活動をしています。削減には、時間がかかりますが多くの組合んが生活クラブを利用していくことが生産者の努力をサポートすることにつながります。
他にも、ごみを出さない暮らしの提案として、使用した瓶を綺麗に洗浄や消毒を行い、繰り返し使用する「リユース」活動も積極的に行っています。

 

 

生活クラブ,野菜,安全,対策

関連ページ

生活クラブとは
生活クラブとは?仕組みやサービスを解説します
生活クラブの評判
生活クラブの評判をご紹介します。
生活クラブの放射能検査について
生活クラブの放射能検査の内容と取り組みについて詳しく説明します。