無農薬野菜の知識記事一覧

無農薬野菜とは、農薬を散布せずに育てるのはもちろんのことですが、他の畑からの農薬飛散を防ぐための対策が万全な状態で野菜を育てたものです。ある程度の年数において、農薬を使っていないという実績があることも重要です。土壌に農薬が残る場合も考えられるものですから、数年間は無農薬栽培を続けた耕地でなければ安全度が保証されなくなります。無農薬野菜の定義は単純なようではありますが、規制があいまいなところがありま...

減農薬野菜とは、作物を育てる場合において、必要最低限の農薬を使用したものです。現在は無農薬野菜とともに「特別栽培農作物」という名称を与えられ、安全な野菜の一つとして販売されています。農薬を完全に使わないことはあまりにも非効率で、生産性を著しく低くするものですから、人体や自然環境への影響が及ばない範囲で指定された農薬を使用することを基本としています。減農薬野菜とは言っても、定義は分かりにくく、無農薬...

スーパーで目にする無農薬野菜と謳われてる野菜。普通の野菜に比べて高いです。それが当たり前と信じ込んでいる方がほとんどのことでしょう。実際のところ無農薬野菜は大変な手間をかけて育てるものですから、農薬を使って育てた野菜より値段が高いのは仕方のないことなのかもしれません。無農薬で野菜を作ることは、多くの害虫の脅威にさらされることになります。農薬に頼らないで虫喰いの被害を防ぐのは、並大抵の努力では成し遂...

無農薬野菜は、農薬を使わずに栽培された野菜です。農薬は身体に悪い影響を及ぼし危険と多くの人は考えています。実際に原液は毒で危険物にも指定されているものがありますが、適切に薄めて使用すれば、身体に与える悪影響はないとされています。また時間が経てば無毒化されるため用法用量を守り、無毒化されてから収穫されれば残留する量は基準以下になります。一方で、無農薬野菜が必ずしも安全とは言い切れないところもあります...

無農薬で栽培された野菜は、ちまたでも評判で食卓でもおなじみな食材となりました。しかし、無肥料野菜は珍しいもので、スーパーなどで見かけることはまずありません。肥料なしで作物が育つのかについては、疑問に思う人も少なくないと考えられます。しかし、ナスやトマトなどの実野菜でなければ無肥料でも十分に育ちます。土壌の質にもよりますが、家庭菜園などでは、紫蘇やバジルなどは肥料なしでも大きく育ちます。雑草の例を考...

無農薬栽培は簡単に言うと農薬物を使わずに野菜や米などの作物を栽培することです。戦前の農業において農薬や化学肥料はまったく使われていませんでした。ですから病害虫が発生したときなどは昔の農家の方々は本当に大変でした。農薬の誕生により安定した収穫を得られるようになりましたが、残留農薬の人体への影響が知られるようになり再び無農薬栽培に注目が集まるようになりました。無農薬で野菜を栽培するには土づくりが大切で...

無農薬野菜を作るときには、除草剤や化学肥料も使わないのが基本です。そのため、有機物を土の中にすきこんで土作りをすることから始めます。有機物とは土の中の微生物にとって有益となるもので、落ち葉であったり藁であったりします。土の中に落ち葉や籾殻を直接に混ぜてしまう方法もありますが、牛糞と混ぜて完熟させた有機肥料を使う場合が多くなっています。農薬や除草剤に頼らずに野菜を育てるときには、見た目は気にせずに美...

無農薬野菜には虫がたくさんついているイメージをお持ちの方が多いことでしょう。実際はどうなのでしょうか?無農薬野菜は虫に対しては基本的には無防備ですから、キャベツやホウレンソウには虫喰いの穴があるのが普通です。昔は虫喰いがある野菜はひどく敬遠されたものですから、農家の人は危険な作業をしてまでも農薬を野菜に散布していたのです。農薬を散布すれば、確かに虫喰いはなくて、見た目はきれいな野菜が収穫できます。...

無農薬で野菜を作るということは、言葉で言うのは簡単ですが、実際に行うとなれば多くの壁に直面することになります。虫の脅威はあなどれないもので、時には作物が甚大な被害を受けることもあります。それでも、農薬を使わなくても害虫駆除を行う方法はあります昔の人は芋虫などの害虫は手で握りつぶしたものですが、今の若い人にはそんなことはできないと考えられます。大根は最初のうちは葉に青虫が付きやすく、そのまま放置して...