有機野菜の知識記事一覧

有機野菜とは、最低でも2年間は農薬や化学肥料を使ったことがない畑において、堆肥を使った土壌で育てたもので、JAS規格に従って有機農産物という正式名があります。かつては定義があいまいなことがありましたが、現在は安全度を確かめるための基準がJAS法によって定められています。他の畑からの農薬の影響を受けないように、また農薬を使って栽培された野菜と混ざることがないように徹底的に管理されています。有機野菜を...

有機JASマークとは、有機JAS規格を満たす農産物にだけ付けられて、有機JASマークが付いていない農産物及び農産加工物は有機の称号を使うことは出来ません。それでマークを付けてもらうにはJAS認定を受けなければならず、それには農林水産大臣が決めた品質基準や、表示基準に合格しないと認定されません。そしてJAS規格とは、農林水産大臣が農林物質の種類を制定して決めます。そして規格の制定には必ず、消費者、生...

無農薬有機栽培の野菜は、厳しいJAS規格を遵守する形で作られています。最低でも2年は農薬と化学肥料を使った実績がない耕地において、土作りは堆肥を使って行わなければなりません。化学肥料に頼らない農法ですから、土壌に大量の有機物をすきこむ必要があります。有機物となるのは、牛糞や馬糞などの動物の排泄物に藁や枯れ木、落ち葉などを混ぜて高温で発酵させて作る完熟堆肥です。この完熟堆肥が重要な有機肥料となり、土...