無農薬有機栽培の野菜とは

無農薬有機栽培の野菜は、厳しいJAS規格を遵守する形で作られています。最低でも2年は農薬と化学肥料を使った実績がない耕地において、土作りは堆肥を使って行わなければなりません。化学肥料に頼らない農法ですから、土壌に大量の有機物をすきこむ必要があります。
有機物となるのは、牛糞や馬糞などの動物の排泄物に藁や枯れ木、落ち葉などを混ぜて高温で発酵させて作る完熟堆肥です。この完熟堆肥が重要な有機肥料となり、土の中に混ぜることで微生物を増やして養分が豊富な土壌にすることができます。
無農薬有機栽培の野菜は、土が持っている本来の力を最大限に利用して作るものです。化学肥料に頼らなくても、昔の人は有機肥料を使って作物を育ててきました。土作りのために大変な手間がかかりますが、苦労した分だけ大地が何倍もの恵みを与えてくれますから、美味しい作物が収穫できます。
無農薬有機栽培の野菜は、正式には有機農産物と呼ばれています。JAS規格の認定を受けたものであれば、有機JASマークをつけて販売することができますが、厳しい審査を受ける必要があります。無農薬有機栽培の基本は土作りです。土の生命力を極限までに引き出すために、良質で安全な有機肥料を作る技術が必要になるわけです。

 

100%有機JAS認定の野菜を扱うのはビオ・マルシェです

無農薬有機栽培,野菜

関連ページ

有機野菜の定義と安全度
有機野菜の定義とその安全度を詳しく解説します。
有機JASマークについて
有機JASマークとは?JAS認定とは?JAS規格について詳しく解説します