有機JASマークについて

有機JASマークとは、有機JAS規格を満たす農産物にだけ付けられて、有機JASマークが付いていない農産物及び農産加工物は有機の称号を使うことは出来ません。それでマークを付けてもらうにはJAS認定を受けなければならず、それには農林水産大臣が決めた品質基準や、表示基準に合格しないと認定されません。
そしてJAS規格とは、農林水産大臣が農林物質の種類を制定して決めます。そして規格の制定には必ず、消費者、生産者、実需者、学識経験者から構成される農林物資規格調査会の議決を経なければなりません。
それで基準として品位、成分、性能、その他の品質の基準や、生産や流通の基準を定めています。だからこれらの基準を満たさない農産物や農産加工物はJAS認定を受けることが出来ません。だから有機農産物や有機農産加工物は、農林水産大臣が定める規格の基準を満たさないと、有機JASマークを付けることが出来ないということです。
有機JASマークは、JAS規格の基準を満たした有機農産物や有機農産加工物が、JAS認定を受けてこそ、有機JASマークが付けられます。だから認定を受けられない有機農産物や有機農産加工物は、有機を付けて販売することは規定により認められないことになっています。

 

有機JAS認定の野菜セットはビオ・マルシェがおすすめです

有機JASマーク,意味

関連ページ

有機野菜の定義と安全度
有機野菜の定義とその安全度を詳しく解説します。
無農薬有機栽培の野菜
無農薬有機栽培の野菜がどのように作られているのかを解説します。