減農薬野菜とは

減農薬野菜とは、作物を育てる場合において、必要最低限の農薬を使用したものです。現在は無農薬野菜とともに「特別栽培農作物」という名称を与えられ、安全な野菜の一つとして販売されています。農薬を完全に使わないことはあまりにも非効率で、生産性を著しく低くするものですから、人体や自然環境への影響が及ばない範囲で指定された農薬を使用することを基本としています。

 

減農薬野菜とは言っても、定義は分かりにくく、無農薬野菜との線引きもあいまいでした。そのために、特別栽培農作物という名称が生まれました。安全度については、しかるべき機関が行う残留農薬検査において確保されるものです。特別栽培農作物というお墨付きだけでなく、実際の農薬の残留量が正確に分かれば、消費者にとっては有益なことになります。

 

少しでも農薬が残っている野菜は全く駄目と考える人がいれば、必要最低限の量であれば問題ないと考える人もいます。消費者のニーズは幅広いですから、農薬の使用状況を正確に公表して、無農薬野菜と減農薬野菜を区別して販売するようになりました。農薬は使わないことに越したことはないのですが、生産性の向上や農家の負担軽減のためには安全な範囲で使うことは理にかなっているとも言えます。

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加

 

>> 無農薬野菜の通販サービスまとめ