野菜の無農薬栽培とは

無農薬栽培は簡単に言うと農薬物を使わずに野菜や米などの作物を栽培することです。
戦前の農業において農薬や化学肥料はまったく使われていませんでした。ですから病害虫が発生したときなどは昔の農家の方々は本当に大変でした。農薬の誕生により安定した収穫を得られるようになりましたが、残留農薬の人体への影響が知られるようになり再び無農薬栽培に注目が集まるようになりました。

 

無農薬で野菜を栽培するには土づくりが大切です。病害虫が発生しても農薬は使えないので、発生しないように環境を整えなくてはなりません。風通し、日当たり、排水などに気を配り、土地の動物であるミミズなどが多い肥沃な土地づくりを目指していかなくてはなりません。肥沃な土地では害虫が付きづらいのです。病害虫に強い野菜や品種を用いることも大切で、その植物の適した時期に野菜を植え付けることも害虫を寄せ付けづらくします。また防虫ネットを利用したり、草木灰、米酢、油など自然の農薬を使ったり、近くに害虫や病気を防ぐ効果のある作物を植えたりもします。
このように簡単に説明をしてきましたが、害虫を寄せ付けないためにあらゆる手段を講じなくてはならない無農薬栽培は大変手間のかかる栽培方法なのです。

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加

 

>> 無農薬野菜の通販サービスまとめ