無農薬野菜は危険?それとも農薬が危険?

無農薬野菜は、農薬を使わずに栽培された野菜です。
農薬は身体に悪い影響を及ぼし危険と多くの人は考えています。実際に原液は毒で危険物にも指定されているものがありますが、適切に薄めて使用すれば、身体に与える悪影響はないとされています。また時間が経てば無毒化されるため用法用量を守り、無毒化されてから収穫されれば残留する量は基準以下になります。
一方で、無農薬野菜が必ずしも安全とは言い切れないところもあります。

 

その考え方としては、害虫や菌などが栽培中の野菜に付着することです。特に昔から問題となっていたのが寄生虫で、生野菜を食べることが忌避されてきた原因のひとつです。
また無農薬野菜に害虫や菌などが付着することにより、成長中の野菜自体が防衛反応として、皮が硬くなったり、さまざまな物質を生成するとされています。その量は微々たるものですが蓄積することによりアレルギー反応を起こす可能性があるとされています。
一方で、使用実績が長い薬を用法用量を守り使用されて栽培された野菜は害虫や菌に晒されることもなく形も色も良いものを作ることができます。ただし美味しい野菜を作るには、土壌や日照条件などが重要で、薬品はその手助けをしているに過ぎません。

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加

 

>> 無農薬野菜の通販サービスまとめ