無農薬野菜とは

無農薬野菜とは、農薬を散布せずに育てるのはもちろんのことですが、他の畑からの農薬飛散を防ぐための対策が万全な状態で野菜を育てたものです。ある程度の年数において、農薬を使っていないという実績があることも重要です。土壌に農薬が残る場合も考えられるものですから、数年間は無農薬栽培を続けた耕地でなければ安全度が保証されなくなります。
無農薬野菜の定義は単純なようではありますが、規制があいまいなところがありました。無農薬野菜もあれば、減農薬野菜もあり、有機農産物もあるという状況です。有機農産物も農薬や化学肥料を使わないことを目指すものです。実際に無農薬野菜に残留農薬がなければ、これは本物であることになります。消費者が直接に残留農薬の検査をするわけにはいかないのですから、農協や生産者などが責任を持って行う必要があります。
無農薬野菜は、全国各地のJAが運営する農産物直売所でも販売されます。大抵の場合は、JAで残留農薬の検査をしてから出荷しています。しかし、出処がはっきりしない野菜の場合は、無農薬と謳われていても実際には農薬が残っている可能性があります。そのため、確実に安全な野菜を手に入れるためには、信頼のおける販売業者や生産者を探すことが欠かせません。

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加

 

>> 無農薬野菜の通販サービスまとめ