無農薬野菜と虫の関係

無農薬野菜には虫がたくさんついているイメージをお持ちの方が多いことでしょう。実際はどうなのでしょうか?
無農薬野菜は虫に対しては基本的には無防備ですから、キャベツやホウレンソウには虫喰いの穴があるのが普通です。昔は虫喰いがある野菜はひどく敬遠されたものですから、農家の人は危険な作業をしてまでも農薬を野菜に散布していたのです。農薬を散布すれば、確かに虫喰いはなくて、見た目はきれいな野菜が収穫できます。
しかし、逆に考えても見れば、虫も食べないような野菜を人間だけが食べることは、極めて不自然で不健康であることが分かります。最近は従来の無農薬野菜のイメージが払拭されつつあり、虫喰いがあることは安全で美味しい野菜であることの証明になるために、多くの人が買い求めるようになりました。
無農薬野菜を栽培することは大変な苦労の連続です。少し見た目が悪くなるだけならよいのですが、虫喰いによって作物が全滅してしまうこともあります。そのため、刺激の強い唐辛子のエキスをかけるなどして虫除けの対策をします。
このように、無農薬野菜を栽培しているときは薬剤に頼らず地道に手間をかけることである程度の虫よけの対策が施されているのです。また無農薬野菜を栽培するときには、除草剤も使わないのが普通ですから、除草作業は特に大変です。機械が入らない場所では、手作業で雑草を取り除かなければならないのです。こうした手間をかけて育てることで、ようやく無農薬野菜が収穫できます。

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加

 

>> 無農薬野菜の通販サービスまとめ